読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

めぐりめぐるから。

日々のつれづれ 音楽・ゴールデンボンバー ★★★

ここのところ職場で体調不良で退職される方が、続いています。

 

入ったばかりでほとんど来れない……というケースもあって、人を採用するときにはもちろんスキルとか気になるけど、

何より健康って大事だよねーって話が出ます。

あとメンタルの強さも(笑)

 

そういう時にこれまで特に大きな病気をしたことがないとか、

仕事に穴をあけたことのない人だとかきっとそうことなんだろうと思うけど、

なんて表現したらいいのかなぁー?

そういう人たちが皮肉って笑ったりしているところによく立ちあって、

私のことをその会話に混ぜてこようとする人もいるので、

意図的に全然違う方向のクリーンな笑いに話を持っていったりしてます。

 

っていうのは、私は「目の前で見たことは、いつか自分にも訪れること」だと思って生きてるんです。

 

巡り巡って私のところにその出来事がやってくる日があるかもって。

もちろん良いことだって巡ってくることはあるけれどね!

 

実際に病気もリストラも巡り巡って私のところにやってきました。

 

私もそうやって迷惑をかけてきた一人だから。

私は違いますなんて、私は大丈夫ですなんて、そんな顔はできないのです。

 

自分が正しいと思える人は、思い切り人を批判できる。

自分だったらこうする、と思う人は、思い切り人を批判できる。

 

私はそれをしませんと、キレイ事を言いたいわけじゃなくて、

実際に私もそうして批判していた頃もあるんです……。

 

ただ今ではそれが人間ってもんなんだろうなーとも思う。

人間ってそんなもんなんだろうなーと思う。

 

マツコさんも「人の悪口が1番楽しいのよ!」って堂々と言ってるしね。

 

昨日書いた私の性格が変わったんじゃないかなという件で行くと、

きっと根本は変わってなくてむしろ本来の資質が顕になってるのかなと思うけど、

「人はみんな違う」というめちゃくちゃ当たり前のことを心底知ったというのは大きい気がする。

 

今でも「なんでわかってくれないの!」という感情に躓いてることはもちろんあるけど、

みんなを見ていると「なんでそんなに人のことにかまってるんだろー」って思うようになったのかもしれないですね。

 

あと反射的な自己批判をなるべくしないで、事実を見ることを徹底する。

 

今日もね、私が話してることで、相手が自己批判を始めるってことがあって……

自分を責める傾向がある人はすぐに矛先を自分に向けがちで、

 

はたまた別の時に私が話してることで、相手が「私は悪くない!」っていう怒りに転じそうな状況があって……

自分はちゃんとやってる!と思う傾向のある人は、少しでも批判めいたことを言われると自己防衛で反発しがちで、

 

それこそ昔の私そのものなんだけど〜!!

 

そういう時にも外から見て、

その人がいまどんな状況でどんなスイッチが入ったかわかるから、

「いやいや、そうじゃなくてさー!」ってフラットに戻せる。

 

コミニュケーション能力なんかどうでもいいかなと思い始めてたけど、

そういうことがなんの労力もいらずに、

めちゃくちゃナチュラルにできるようになったことは、

やっぱりすごく大きな変化なんだと思いました。

 

批判的な人たちは、自分はちゃんとしてるから人に不満も出てきたりするわけで、

仕事としてはちゃんとしてる人のほうがやりやすいしなーって思いますし、

いろいろなことを含めてその人の個性だと思ったほうが自分の中で整理しやすいかもしれません。

 

 

私について言うと、

当たり前に終わらせて、

当たり前に締め切りを守って、

当たり前に相手が期待するクオリティを超えていきたい。

 

逆に人にそれをやられるとめっちゃ弱い。

そういう人には惚れちゃいますね(笑)

 

この辺が鬼龍院翔さんにも感じるところで、

私がリスペクトしてしまうところなんですけど。

私なんかより遥かに高いレベルでそうしてるから。

 

そして私より遥か〜〜〜に優しい。

リーダーシップととんでもない優しさが共存してるところがすごすぎて、

あんな人になりたいなぁなれないなぁって日々思います。

 

あぁー、なんでだろ!!

最後は翔さんへの愛を語るブログになってしまった!!!笑

 

 

 

 

 

 

どういうことなの?

今日の出来事 ★★★★★

最近すごく思うんですけど、

「なんだか私って性格変わったかもなぁ」って。

 

それでも「いや、こう見えて根暗だから!!!」とかすごく言ってるんですけど、

多分私のことを暗いという人は今の私の周りには誰一人としていない気がします。

 

そんな私に一体何が起きたのか??

 

私の人間関係はつまづいてばっかりだから、

何回も人間関係をリセットしてきてて、

「友達多そう!」って言われるんですけど、

全然いなーい!

 

(っていうのも、これまた自分で書いておいてなんですが、ちょっと嘘かもなんですけど。。。笑)

 

ま、とにかく親友と呼べる人はいないです。

あと自分から「この人に会いたい!」っていう理由だけで会いたい人は、かなり少ないです。

 

親友は何年か前に関係がおかしくなってしまったから、自分から離れました。

それ以来特に欲しいとも思ってないです。

 

うん、うーん。

だからどっちかって言うと、昔は親友が欲しくて友達との予定が欲しくて、、、って頑張っていたんだけど、

別にいなくても困んないかも!ってなってることの方がちょっとあれなのかも。

 

もうコミニュケーション力とかではなくて、

どっちかっていうと必要なのは人を好きになる力なのかな〜って。

 

それがあればコミュニケーション能力なんて、

どうにでもなるんじゃないかって思う昨今です。

 

そんなだけど私のことを好ましく思ってくれてる人はちゃんといて、

むしろ私がツボを売ったら買ってしまいそうな人もいて(←絶対に買わせないけど!笑)

でも別に私からしたら特別なことはなんにもしてないってことなんですけど。

 

でもそれが外向きの私で、

 

家では私が時々悩みすぎて真っ暗な部屋で寝続けたりとか、

会社でも不安や緊張で手汗を終始かいてたりとか、

自己嫌悪になって苦しくなってるとか、

言っても信じてもらえない気がします。

 

でもそんなのはずっと昔からそうだったんです。

 

で、相変わらず心配症で不安がりなんだけど、

徐々に内向きの私が、

外向きの私の方に向かって統合されてきてる気がするのです。

 

なんかよくわかんないけど明るくて、

なんかよくわかんないけど意見をハッキリ言えて、

なんかよくわかんないけどちゃんと人を誘えて、

なんかよくわかんないけど人との境界線が引ける。

 

そういう人が、

私と統合しつつある…!!

 

いま私の席の近くにメンタル強めの人がいて、

すごく愚痴ったり皮肉言ったり

ギスったり優越感見せたりして

私はそういう人が心底苦手で、

嫌だなーと思っていたのです。

 

それがしかも1人じゃないのですよ〜。

 

なんですけどね、

そもそも仕事に関しては特に愚痴が嫌いで、

聞いてるのもしんどかったような私が、

あれ…??なんだか平気になってる…??

って今日めっちゃ思ったんですよ。

 

いつの間にかそうなっていて、

いつの間にか聞いていても平静でいられるようになっていて、

もうホントびっくり!!

 

どう思われてもいっかー、って思えるようになってきて、

何を言ってても私とは考えの違う人間だしねー、って思えるようになってきて、

 

これこそが、

私が、

ずっと欲しかったマインドなんじゃない!号泣

 

数年前はもう何もかもが怖くて、

人と関わるのが怖くて、

自分がしてきた関わり方が、

何もかも間違いだったんじゃないかって、

一応外には行くのだけど

「精神的引きこもり」と呼んでいた時期が

1年か2年続いてました。

 

なんなんだろう。

よくわからないけど、

昔よりかなり抑圧してたものはリリースできたと思う。

 

そして今も自分への抑圧をできるだけ最小限にしようって思っていて、

のびのびとすることを少しずつ自分に許せている…のかな?

 

きちんと明文化できないのがもどかしいですが、

その違いを初めて自覚したのが今日だったので、

記念日のようにして書き留めておこうと思いました。

 

昔はこんなのも読んでました。

性格は捨てられる

 

自分のこともホントにキライだったなあ…。

 

「逃げ恥」で平匡さんが言っていた

「愛される人はいいなあ」って

近いことを私も思っていた。

 

ずっと昔のことだけど、

「人が集まる人はいいなあ」って。

 

でもね、振り返ったらね、

私の周りにはいつも、

私を受け止めてくれてる人がちゃんといたんだよね…。

 

仕事だっていろんな辛いことがあったけど、

でも評価されてなかったという時は、

恐ろしいことに、

なかったのです……。

 

え!?

じゃあ何なん??

自信を失って何もかもなくしたと思ってきた私って何なん??

 

って、なってます。

 

混乱の極み。

 

どうしよう。

ひっくり返る。

 

これまでの認識がひっくり返る。

 

つまり私の歴史が変わる。

 

 

 

 

やり直すこと。

今日の出来事 学び ★★★★★

去年の11月くらいから、

実は職場でいろんなことがあって、

かなり悩んだり心配したり不安になったり、

そして辞めようかなと思ったりしていました。

 

みんながいなくなるのに一人で置いて行かれるのがいやだーーー!!!

って思っていて、それを感じたくなかったのもあると思う。

 

似たような体験を既にしたことがある。

一度ではない。

 

残された方はいつだって大変で、

清々しく辞めていったみんなの方がいつも幸せになっている気がしていた。

 

ぐちゃぐちゃでいいかげんなまま辞めていった人たちの仕事を引き継いで、

そのことを怒られる理不尽さ。

 

どんどん辞めていった人たちの仕事を、

その後も少ない人数で回していかなければならない時の、

どうしようもないやるせなさ。

 

なぜなのか?私は残されて、それでも頑張るというメンタリティの場所に何度も立ってしまう。

 

だからこれを機に逆の立場を経験してみたい!ということもあった。

 

でも……もう少しだけ続けることにしたのは、

アーユルヴェーダの先生に

「あなたは今までしてきたことの結果を受け取る年だから、いま辞めてはダメだ」

と言われたことがとても影響している。

 

誰かの言葉で決断を鈍らせることは、

したくないことだったけれど、

私の生きる指針をいつも相談しているメンター的な存在の人にそう言われて、

結局のところ、その言葉を超えられなかった。

 

あてもなく仕事を辞めることよりも、

残るほうがしんどいのは、

未来に受け止めなければならない課題が具体的にわかるから。

 

あの人たちとうまくやっていけるのかなとか、

これはもう限界だなとか、

そういうこと。

 

どんな人に出会うのか、

どんな環境なのかわからないほうが、

ある意味気楽に歩きだして行ける……

そんな感じかなあ。。

 

でもその「残される私」になって、

悲しみをしっかり感じながら、

私はとある出来事、、、

その昔に辛かった思い出を今のこの出来事を通して、

その時をなぞるようにして再び過ごすことで、

私が抱えてきた寂しさと悲しさを

いま浄化するチャンスを得たのかもしれないと少し感じている。

 

そんなふうにしてこれまでも、

少しずつ昇華してきて、

そして今も無事に生きていて、

またこの出来事をリニューアルするタイミングが訪れるのは、

ありがたいことだなあと思う。

 

このことがもしかしたらギフトなのかもしれないなら、

私は乗り越えられるその時が来るのを、

もう何年も待っていたのかもしれない。

 

こうして再びそのことに出会った時に、

違う選択が取れる私がいて、

そしてやっと私は、

自分が成長したことを認められるようになる。

このことはもう大丈夫なんだと信じられるようになる。

そういうことなのかもしれない。

 

今のこのチャンスが訪れたことも、

ここまでの積み重ねがあってこそだから。

 

先を急がなきゃと思う一方で、

年齢のことを取り払ったら、

やっぱり私はまだ先に進めなかったということなのかもしれない。

 

今日とりあえず、

感じたくなかった悲しさを存分に感じて、 

さみしいよーーー!

いやだよーーー!!

を言いまくったら少しラクになった。

 

過去の分もこのチャンスに言いまくろう。笑

 

 

生きることは基本辛いことでしかないけど、

こうして再び取り組むチャンスが訪れることは、

大変ありがたく幸せなことだなあと、

そう思った夜でした。

 

 

 

 

 

当たり前だけど大切なこと。

日々のつれづれ 学び ★★★★

この間のバレンタインデーに、

本当に久しぶりに会社でチョコレートをあげるということをしました。

 

この会社で働いて数回目のバレンタインデーだったけど、上司に初めてあげました。

それはこれまでのお礼を伝えたかったから。

 

でも私的には、なんかちょっと恥ずかしいような気もするし、

それにバレンタインデーであげるとお返しについて気をつかわせてしまうことになるし、

単にお礼がしたいだけならバレンタインじゃなくたって!と思ったり、

 

チョコレートを実際に買ってからも、

うだうだ悩んでいたのです(笑)

 

なんていうのかな……

今さら感っていうか……

それに私からチョコレートをもらったところで、そんなに大して嬉しいことではないのでは??

とかって思ってしまって。

 

その他にも同僚にちょっと小分けにしたチョコレートを用意して、当日を迎えました。

 

同僚には難なく渡せまして、

それもみんなすごく喜んでくれました。

 

上司には「いつ渡せるかなあ」というソワソワする感じもあって、

その日の予定を見ながら渡しに行こうとするんだけど、

なかなかタイミングが合わなかったりして……

 

こういう感じが私は好きじゃなくて、

だからやりたくなかったんだなあと思ったわけです。

 

いや、昔は、もっとこうたくさん関係者に渡したりしてたんですけどね。

それはもうなんか義務というか……。

業務の一部というか。

 

でも今回は本当に普通に感謝を伝えたいというテーマだったりするから、尚恥ずかしくて。

 

だけどいざ渡しに行ったら、

すっごく喜んでくれました。

 

あーーーそっかーーーって、

そうだよね、嬉しいことなんだよね、って、

これこそ今さらに、

そう思いました。

 

それで嬉しかったことに対して、

ホワイトデーで返すことになろうが、

そんなことはかまわなくて。

 

むしろ嬉しいからお返ししちゃうもん。

私が逆だったらそう思うもの。

 

その、当たり前のことを、忘れてしまっていたなあと思いました。

 

 

普段から人にプレゼントをするのは好きで、

「○○が欲しい」って言ってたことを、

心の中でメモしておいて、

何かのタイミングであげたりもすごくするのですが、

でもこの王道のバレンタインデーに、

しっかり準備して渡すっていうのが、

なんとも気まずかったのです。。。

 

子供の頃のほうが張り切って作ったりして、

そして張り切ってあげたりしてたなーって思うんですけど(笑)

 

 

たまたま朝聴いていたラジオで、

 

バレンタインデーにチョコレートをもらって意識したことがある人……50%

バレンタインデーにもらった本命チョコレートがキッカケで結婚した人……8%

 

みたいなアンケート調査を発表していたんですけど、

いやホントそれあるかもね!っていうか、

とりあえずちょっとでも気になる人がいたら、あげてみるといいかもね!

 

って改めて思いましたです。

 

これらのイベントは見事に商業化されていて、

ビジネスのためじゃんとかって思わなくもないんだけど、

でもこれをキッカケにして喜びが生まれているから、

こうやって続いているんだろうなあって思いました。

 

ありがとうとか、

感謝とか、

伝えたほうがいいことはわかっていて、

それすら当たり前のことだと思っていても、

それでも今までに疎かにしてきたことがまだまだたくさんあるなぁーってすごく思った今年のバレンタインデーでした。

 

 

 

 

 

 

ひふみ投信のセミナー「はじめてのひふみ」に行ってきました!

今日の出来事 ★★★ 学び

ビックリしたんですよ。

昨日のカンブリア宮殿ひふみ投信のことをやっていたから!

 

先週だったか、先々週だったかに、気になって予約していたので、

その前日に!?と思ってタイミングにビビりました。

 

今日になってみたらセミナーが全部満席になっていましたもん(^_^;)

それくらい興味をひかれる番組になっていましたね。

 

私は前から投資を始めよう始めようと思いつつも、元手が少なすぎて全然前に進んでないのですが、

そんな中でもそろそろ…と思うタイミングで、ひふみ投信を行っている会社(レオス・キャピタルワークス)の代表である藤野さんのTwitterで、

 

「能力のある人と性格が良い人だったら、間違いなく性格が良い方を選ぶ。我が社には意地悪なスタッフはいない」

 

というようなことを書かれていて、投資家目線ではなくて働きたい会社を探している者の目線として「これをハッキリ言える会社の代表っていいなー」って思ったのがキッカケで興味を持ちました。

 

どこに気になる種があるのかって、わからないものですよね。

 

というわけで本日は東京駅のレオス・キャピタルワークスさんにお邪魔しました。

 

私は去年東京駅まで勉強に通っていたから、駅の近辺は結構詳しくなった気でいたものの、

それはヤエチカ周辺に限ったこと…。

 

だから普通に迷いましたよねっ(^_^;)

 

会社から東京駅は比較的近くて、けっこうゆとりがあったはずなのに、ギリギリになってきて焦る焦る。

 

で、インフォメーションセンターの方にめっちゃ親切に教えてもらい、無事に間に合いました。

 

ビルは東京駅のすぐ近くの夜景が美しいビルでした。

メインの司会者の女性の方と、シニアアナリストの方とで1時間半の説明会でした。

 

私は本気でズブの素人なので、わからない用語がそこかしこにあって、

それよりもっと根本的なことを知りたい…と思ったのですが、

実際に差し迫った問題として資産の運用をするべくいらっしゃってる方とかが多いのか、

質問内容を聞いていても「みんな詳しいなー」と思って聞いてました。

 

すごく記憶に残ってしまったんですけど、

「運用会社と証券会社の違い」についての説明を「パナソニックビックカメラくらい違う」って言っておいて、

でもどっちがパナソニックでどっちがビックカメラなのか当てはめないものだから、

説明がもったいないなぁとかそんなことを思っていました。

 

その後「先ほどパナソニックヤマダ電機くらい違うと申し上げましたが…」ってところで「ビックカメラって言ってたよね!?」って、心の中でツッコんだり。

 

それ系の例えが何回も出てきて、でも最後までちゃんと例えないからずっとモヤモヤしました。笑

 

これね、もうどーーーしてもNLP魂が爆発してしまうのです。

もう染み付いてしまってどうにもならない(^_^;)

 

ひふみ投信の方針は守りながら増やすこと。

そして未来に成長しそうなワクワクする会社に投資すること。

 

ただ自分のお金が増えればいいや〜ってことよりも、この投資によって世の中の発展に役立てるのかもと思える方が、私はいいな!って思えたので、

だから少額ずつでも買ってみようとは思える状況になりました。

 

私は普段、モノを売る仕事をしているので、それも変わらないのかもしれませんが、

でもお客様のお金をそのまま預かって増やす仕事って、苦労も多いんだろうなあと思いました。

 

そしてそういうところで働く人は、どんな人生なんだろうと。笑

 

参加者からの質問の中には答えにくい質問もあったのですが、

若干言葉の歯切れが悪くなりつつも、ごまかさずに回答されていたところなどは、好感度高かったです。

 

まあ世の中は大手の会社が儲かるような仕組みができているってことなんですよね!

 

 

帰りは久しぶりの矢場とん

今日はすこしご飯が柔らかめだったかなー。

 

f:id:machikomind:20170217223311j:image

 

更に帰りに浅野屋さんによって、お気に入りの食パンを買って帰りました。

(高いほうじゃなくて普通の角食が美味しいと思います!)

 

今週は本当に考えることも多くて、

気持ちのアップダウンも激しく、

すごーーーく疲れました。

 

今週私が決めた選択がどういうふうに繋がっていくのか、

まだわからないけれど、

とりあえずゲッターズ飯田さんの本を後から開いたら、

決断に良い日の印がついてる日に決めてたのでビックリしました!

 

それだけでも幸いだったかな。

 

ではでは。

みなさまも1週間お疲れ様でした。

 

良い週末を☆

 

 

 

 

手に汗握るウィーク。

今日の出来事 ★★★

ざわつきにざわついた一週間でした。

 

完全に私の心の中の話ですが。笑

 

「決断」というものが、いつからかすごく難しく感じるようになり、

それがなぜかと言ったら決断してたくさん後悔した過去があるからなんですよね。

 

こんな人生早く終わってしまえば良いと、

思いがちなままに生きてきた私も、

先々のことを真面目に考えるようになりました。

今更。もう何歳なのあなた!!って感じなんですけれども。ええ。

 

生きていたら誰しも毎日同じペースで時間が刻まれていって(体感はそれぞれ違うけれどね)、

 年齢が積み重なって行って、

○○歳までには〜

もう○○歳なんだから〜

という価値観に毎日毎日触れながら生きているんだなあと思います。

 

意識してようがしていまいが、

無言の圧力をかけられているのだと思う。

 

きっとそこに、日本人の安心があるんだろうね。

 

うん、とっても縛られているなあ。

 

自分にとってのタイミングは、そうやって社会で決められたスケールとは違うところにあるんだって、

頭では考えるのに、身体に染み付いたものがあるんだろうな。

 

それがこんなにも私を怖くさせるものだなんて。

 

ああ、全然まとまりがない。笑

 

ああ、でもそんな手に汗握るも、

とりあえずこっち?っていうふうに決めたら、

すごく心がホッとした。

 

だからきっと、いまは、

そっちを選びたかったのだと思う。

 

その選択が良いものなのか、

そっちを選んではいけなかったかは、

ずっとずっと先になってわかることだろう。

 

何かに悩むときに、

つまるところ結局たどり着くのが、

自分のありのままを認められていないということだ。

 

だから私を否定してくる人が現れる。

 

てもそれは私の頭の中では、

すでに百万回と行われているやりとり。

 

 

 

 

トラウマ会社員。

今日の出来事

ゴールデンボンバーの「トラウマキャバ嬢」を聴きながらこれを書いています、こんばんは。

 

 

仕事のことで

「あ〜〜〜〜〜そうだったそうだった、イヤだった大嫌いだったこの流れ〜〜〜〜〜!!!」

って思うことがあって、心しんなりしてました。

 

 

そしたらまた、全然別のところで、

「あ〜〜〜〜〜これイヤなやつ〜〜〜〜〜!!!」

ってことがあって、今日はそういう日なんだなと思っています。

 

 

トラウマのことについては、少し前にカウンセリングのこととかに傾倒してた時に読んだ、

トラウマセラピーの本に書いてあったことが印象的で今でも覚えてるんですけど、

例えば何か恐怖体験があったりして身体がフリーズしたりすると、その時に放出されなかったエネルギーの蓄積がトラウマを起こしている、というもの。

(だからそのセラピーでは、その時のエネルギーをリリースする方に持っていくことで改善していくとのこと)

 

 

トラウマとまではいかなくても、例えば「あの時本当はこう言い返したかった!」とかってことも、言えてたらすっかり忘れてしまうようなことも、言えずにいたらいつまでも悔やんでしまうみたいな…

そんなエネルギーに近いのかなと思ってたりします。

 

 

そんなこんなを度々重ねてきて、

人間関係をうまくいかせるためのことをすごく考えてきたけれど、

うまくいく時はうまくいくし、いかない時はいかない!っていうだけのことだな〜と、

今ごろになりそんな風に思ったりします。

 

合わない時は合わないんだ!ってわかることも大事だというか。 

 

今日の後者の出来事については、

「これをやっても怒られないかな?」

「こうしても許してくれるかな?」

ってことを、じわりじわりやってこられることがあって、いまや私はそれが本当に苦手。

 

「こんなこと言ったら怒られちゃうかも!ごめんなさい〜!」

と言いながら、その人は私に許されることを期待してそう言っていると思うから。。。

 

 

そうやって侵食されていた時に感じていた恐怖が、ぐわーーーーって襲ってきて、

胃が痛くなってしまってどうにかなるかと思ったけど、

それで相手がどう思おうが、これを伝えておかないとまた起こるなーと思ったので、

気を確かに持ってちゃんと伝えました。

 

それで今後どのようになっていくのかは、わからないですが、何を選んでもそうなんですよね!

 

 

全く同じ相手ではなく、全く同じ出来事ではないのに、

「またあれだ!」と自動反応的に思ってしまうことが多々あるので、気をつけないといけないです。

 

 

はーーー深呼吸~!