猫好きダイアリー~itmmhy’s diary~

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

某O社の写真講座!

ミラーレス一眼で、時々写真を撮っているのですが、もっともっとうまくなりたいなーってことで、講座に参加してました。

今夜は3回ある講座の最終回。

前回みんなでモデルさんを撮る回だったのですが、その時に撮った写真をそれぞれに焼いて、講評会しましてん。

デジタルで撮った写真を、A4に焼くと、、

思ってたのと全然違って引っくり返りそうになったり、、します。

というか、講座を受けるに当たり、久しぶりに紙に焼いて、ホントに唖然とした写真とか、あったんですの。。

プリンターが家にないので、カメラのキタムラで1枚400円弱で焼くのですが(A4を3枚以上焼くと割引だよ!)、これはなかなか容易に調整してまた焼こう!と思える値段でもなく、ドキドキします。

300枚以上の中から、たった3枚を選ぶ、、、って、それの難しさたるや。。

もう悩んで悩んで悩んで、たぶん最後には考えるのを放棄して、もうこれでいいやーー!ってしてしまったけれど、制作物(クリエイティブ)って、どこまでこだわりきれるかとのせめぎ合いですよ、ね。

実は仕事でも何か作ったりとか、日々しているので、そこでも「うーん、これを直すって依頼するか否か!?」ってよく迷うんです。

直しても売上が増えるわけではない、そうならよくよく考えて修正すること、という教えを受けてきてた時代があってどうしても費用対効果を考えてしまうという、それが染み付いていて。

それに純粋に理想を追うのも疲れてくるので、、

迷って、迷って、甘めに妥協してしまうことが、この頃増えているような感じなんですが、それがこの写真選びでも出てる気がしてしまいました。

これもね、どの側面から見るかによって、良し悪しが変わると思うのですけれどね。

仕事だと、考えなきゃいけないことが多いので、余計にそうなってるフシはあるんですが。

でも写真は、自分だけのものだから、もっと自由に、もっともっと自分の意図を持って、のびのび好き勝手にやっていいのになーって思いました。

もっともっともっともっと自由に!

自分の好きな写真に堂々としていたい。

写真をとることで、そんなことを学んでるのかもしれません。