読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

定時帰りでゴー!

いつぶりか思い出せないくらい久しぶりに定時退社しました。

定時退社して、とある場所へ。。。

予想の斜め上、の更に斜め上、をいく展開でしたが、まぁ面白かったのでよしとします!



残業の話をします。

年末に、年末進行で毎日21〜22時まで働いてね、
時には深夜まで働いて仕事を終わらせたりしてね、

それで年明けに『経費削減するから残業しないでください』って突然言われたのです。

その時、ほんとに、ハァ!?ってなって、それからもほんとに少し残ってただけでも咎められたりして、悲しかったですね〜。

年末だって、その前だって、私はずーっと早く帰りたかったし、上司にも言っていたし、何が改善されれば時間が短縮できるのか、真剣に考えていました。

早く帰れる仕組みが、なかったのです。

だから、それ言っちゃう?って感じで。

とりあえず、腑に落ちないまま、出来る限り帰るようにして、月に10時間くらいになったかな。


それが、何の説明もないまま、なし崩しに、今度はゴールデンウィークにむけて、3月からかなぁ。。

どんどんまた残業が増えていき、4月は再び50時間近く残業してました。

もちろん、残業したらお給料は増えますよ。

もちろん、過去はもっともっともっともっと残業してたこともあります。

だけど、だからいいじゃん!とも私は思えず、モヤモヤし続けていました。


で、怒涛の時間を再び経て、ゴールデンウィーク中に、この事について考えていた時に、

やっぱり残業禁止は撤回で、どんどん残ってくださいって言われたらどうするの?

って自分に問いかけた時に、それは嫌だ!と思って……

私はこの件について『残業するのかしないのか、どっちなのか説明してー!』って思っていたけれど、

説明されたことを受け入れられるかどうかはまた別の話だよね?

だったら説明してもらう必要ある???

って気付いたのです。


結局、大切なのは自分がどうしたいのか、なんだよな〜。


なので帰る帰るキャンペーンしたり、断る断るキャンペーンしたり。

昔の私だったら、絶対に言えなかった『無理〜!』が言えるようになりました。

昔はほんとにほんとにほんとにほんとに、どう見ても無理、ってなるまで断れなかったけど……


今日は時間外に会議を入れられていたけれど『用事があって出られません』と普通のテンションで言いました。

別に、それで良かったんですよね。

他でも、引き継がれそうになったことがあったので、

『あーそうなんですね。私今週、予定が多くてあんまり残業できないんですよ。でも出来る事ならやりますよ』

って言ってみた。
これも普通のテンションで。

そしたら特に何も来ませんでした。


ただただ、それでよかったんだ、と思えてきています。

もちろん環境にもよりますが、むしろ周りがそうなので、私一人が『全部やり切る!』なんて思っていたらしんどくなるだけ。。

もしも全体的にやり切る文化の会社だったなら、そもそもこんなふうには思っていないでしょうし、また別のことを考えていると思います。

何でもかんでもコンテクスト(状況)次第だよ、っていうのはNLPでも学んだことです(^ ^)


てなわけで、私は明日も予定があるので、定時で帰る予定です。

さて、どうなることやら〜。


あ、小心者なので、誤解がないように言っておくと、変に巻き込まれないように気をつけているだけで、自分のやるべきことはちゃんとやってますよ〜。

単にサボってるわけではないですので……。