猫好きダイアリー~itmmhy’s diary~

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

新宿スワンがヤバすぎました。

先日、映画館で『新宿スワン』を観てきました!

この映画、めっちゃくちゃプロモーション頑張ってましたよね。

私はめちゃイケのデブエットに出た綾野剛さんの姿に、とても興味をひかれたのです。

それと脚本の一人が鈴木おさむさんだということも。


でも、バイオレンス苦手なので、大丈夫かな?と不安になり

直前まで『イニシエーションラブ』と迷いました。


でもやっぱりそこは、初志貫徹というか、自分の感覚に忠実にというか、観たい気持ちを優先。


そしたら、もう、めっちゃくちゃ!!

面白かったです。。


私は暴力シーンが本当に苦手だし、実際殴り合うシーンはとてもあって、でもそれを超越する面白さ。

2時間半くらいあるのですが、一瞬も飽きずに、

というか普段冒頭の30分くらいは、物語に入るまでにすごく退屈してしまいがちなんですが、それすらなく、

驚きました……。


で、ストーリー的に気になったので、後から検索していたのですが、映画になったのは全38巻のうちのたったの4巻だけ。


もちろん、、この映画、製作陣が『当てるつもりで作った』ことがビシバシ伝わってきて、終わるときも『絶対に続編が来るわね』って感じるようなものでした。


でも検索するうちに、そんな何年後かのことは待ちきれなくなり、結局原作を読み漁ることに。


普段よくあるのは『原作を超えられない映像作品』だと思うのですが、個人的には映画のほうが良かったと思うくらい、面白かったです。


実はもう28巻まで読んだ。。


沢尻エリカ演じるアゲハの取り扱いがすごく効いてるなと。

そこのところは関わる人物が少し書き換えられているのですが、つながりがとてもスムーズ。

そして原作にはない、ある絵本が登場するのですが、この絵本がかなりのスパイスになってました。


そしてそしてそして、主演に綾野剛さんをキャスティングした人がいるはずですが、このチョイスが素晴らしいなぁと。

妙な人なつこさというのかな?人好きなところというのかな?なんとなく共通項があるように感じました。


原作は多分近いうちに読み終えてしまうと思うのですが、映画の次回作が今から楽しみです。


今日はとにかく、新宿スワンが面白かったんだよ!!!ということをダラダラ書いた記事でした。