読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

今日は会社を休みます。

会社を休みました。

遅刻して行こうとしていて、でも行けなかったのです。

私は今、親と一緒に住んでいて、未だにお弁当を作ってもらったりしています。

今日もちゃんとお弁当がありました。

(特別にお願いして作ってもらってるわけでもないのだけれど……母親も自分用に作るからその流れで←言い訳したい私がいる。笑)

しかし行かなかった私。


いろいろあって、なんだか辛くて、行けなかったのです。


申し訳なさがとてもあるし。

私の親というか家族は、とにかく仕事を休みません。

当たり前かね?


私も初めはそうだったけれど、身体を壊してからかな。

時々、どうしても起きられない。

それもかなり減ったけど、時々やってくる。

そしてそんなふうなときに頑張って行くと、後々もっと自分が被害者意識満載になるのもよくわかっている。

すでに、その傾向あり。


そして今日は、仕事もだいぶ片付いていた。

働くだけならまだしも、長距離通勤がこたえる。

通勤が、最近特に苦しくて、辛い。


そんな話もしないから、今どんな状況か、私たちは話さないから。

ええ、私たちは大事なことも、日々のことも、ほんとに話しません。

それが、ずっと、普通。

最近は猫の話しかしない(笑)


さっき母親に『朝早く起きてお弁当作ったのに』と言われた。

私は『家で食べました。美味しかったです』と伝えた。


優しくしてほしい、と思う心あり。

もう既に自分で自分を責めているから、これ以上責めないでよ、と言いたかった。

あのお母さんの子供なのに、頑張れない私を許してください、そう、思っていた。


一日中、猫が私にベッタリで、久しぶりに私の布団に来て一緒に寝た。

あぁ、寒いからかな?

もしかして寂しかったのかな?

猫は私に家にいて欲しかったかな?

そんなふうにいろいろ感じて。


休まないことが当たり前なら、

きっとわからないんだと思うし、

そんなことを伝えても仕方のないことなんだと思う。


いつもこうじゃない。

いつも、はむしろ頑張っている。


ただ今日は、一番大事なものを大切にした、ただそれだけ。

それは母親の作ったお弁当ではなかった。

ただそれだけ。