itmmhy’s diary

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

2015年、長岡花火のまとめレポート。

こんばんは。

少し間が開いてしまいましたが、長岡花火のまとめを書こうと思います。

行く前にたーーくさんネットを検索して情報収集したのですが、リアルなレポートがあったらいいなぁと思ってたので。

(なんていうんですかね、検索上位にはアフィリエイト系のサイトが多いですよね、どうしても)


あ、火傷はまだ治ってません。

まだ水ぶくれを守って暮らしてます。

今日も通院してきまして、このまま守り続けてねと言われました。

火傷は甘く見てはいけない、、、皆様も必ず病院に行ってくださいね。



さてさて。

今回のルートは、

まず車で高速に乗り、湯沢まで、

そして宿に一度行ってチェックイン&車預かってもらい、

越後湯沢駅から在来線長岡駅へ行き、

徒歩で河川敷へ!

です。

なぜそうしたかって、やはり終わったあとの駐車場の混雑が、どこのサイト見てもひどいと書いてあり、

それはなるべく電車を使ってほしいから脅しているだけかもですが、

疲れたところに渋滞って、事故りそうな確率が高まりそうで、安全第一!と思ってのことです。

最初はどんなに遅くなってもいいから車中泊しようかなーと思っていて、でもそれも、安全第一を方針にしたら、宿泊しよう!となりました。

宿は長岡近辺はやはり取ることはできなかったけど、越後湯沢は直前でも空いてる宿が結構ありましたよ♪



そんなわけで、まず北関東自動車道から上越自動車道へ。

途中の赤城高原サービスエリアで、お昼ごはんに水沢うどんを。

f:id:machikomind:20150810230708j:plain

とっても美味しかったです。

店員さんが『花火?』と話しかけてくれ、高速道路の混雑状況を聞いてみたところ、行きはバラバラだから混まないよ〜と。

実際、高速道路はスイスイ進み、ほぼ渋滞なし。

だけど関越トンネルが工事していて、突然の合流渋滞があったのは驚きました(´д`;)

トンネルで突然の1車線。。

後ろから速い車が迫ってくるので、怖くて手に汗握りました(´д`;)(´д`;)

私は3車線の東北道が好きですよ。。


とーってもスムーズに湯沢入り。

確か12時過ぎでした。

帰りは駅から徒歩なので、駅チカのホテル取りまして、そこへチェックイン。


すこーしだけ休憩したら越後湯沢駅へ。

ほどなくして在来線が来て、無事に乗り込み、座ることも出来ました。

この在来線は、1時間に1本くらいしかないので、タイミング大事です。

新幹線のほうが遥かにたくさんあるので、資金に余裕のある方はそれでもいいのかも。

夕方の便は満席が多かったけど、14〜15時代はまだまだ空席ありました( ´ ▽ ` )


私達は時間も早かったし、在来線で、私は睡眠不足だったのでここで寝て体力回復しました。


f:id:machikomind:20150810232039j:plain


駅について、駅ビルで飲み物やおつまみを数点仕入れ、日焼け止めを塗り直して会場へ。

15時くらいで、まだまだ日差しが強く、かなり疲れました。

でも、事前情報で『直前は有料席でも混むかもしれないからゆとりを持って』というのを見て、頑張って歩きました。


で、着いてみると、

人、少なーーーーー!!!!!

まだ全然いないじゃん(; ・`д・´)


f:id:machikomind:20150810232701j:plain


花火が始まるのは19時過ぎ。

つまりまだ余裕で3時間以上あるということで、私は来たばかりの道を戻り、ウオロクというスーパーへ。

ネットでも名前を見てましたが、多分すごく有名なんでしょうね。

店内は花火客でごった返していて、おつまみやお惣菜も山盛り〜。


そういう、スーパーなどで調達することが染み付いているから?

去年、土浦の花火大会に行った時よりも、出店が少ないと思いました。

特に有料観覧席付近の小道はお店一切なし!

なので出店の食べ物は、大手大橋に辿り着く前に手に入れたほうが良いですね。

もしくはウオロクに狙いを定めても全然良いと思います。

むしろスーパーの方が助かりますもんね、いろいろと。。


買い物して早めの夕ごはん?

枝豆とビーーール(と言っても私はオールフリー)と、唐揚げ♪

そして巻き寿司などを食べ、ゆっくり時間を過ごします。

でもまだまだ余る時間。

有料席をウロウロしたり、大してもよおしてないのにトイレに何回も行ったり。笑

簡易トイレはめちゃくちゃたくさん用意されてたけど、水が流せないタイプだし、手を洗う場所もないのでウェットティッシュ必須です。

あ、そうそう、ベンチシート席は板張りな感じなので、おしりへの気遣いで折りたたみのこれを用意していきました。

重さなんと40グラム!?!?

可愛くないけど、良かったです。

おしりに優しかったです。


結局、18時を過ぎた頃から人が目立ってきて、ちょっと前のめり過ぎたと思い知る。

そのぶん始まるときは『待ちに待った』という感じで、良かったですけれど。


最初に長岡市長の挨拶があり、歌があり、白菊という花火が上がると、あとはノンストップで最後まで。


f:id:machikomind:20150810233717j:plain


全体的に見た事ないようなすごいクオリティの花火がバンバンあがります。

中でも夢のフェニックスは、あまりにもすごすぎて、すごいとわかってたのにそれ以上で、

ただ涙がハラハラこぼれました。

何かが悲しいとか、そういうんじゃなくて、理由はわからないんだけど、ずっと泣いてました。


天地人も、引けをとらないくらいすごかったです。

これは、あの場所でしか、体感できないものがあるように思って、、、

すごいすごい、としか言えないボキャブラリーのなさなんですが、表現の仕様がないのです。。。


もともとフェニックスが一番見たいものだったし、帰りは12時頃には宿に着きたかったので、

前情報として主にyahoo!知恵袋の回答を参考に、9時過ぎには会場を出て歩き始めました。

時々後を振り返りながら、名残惜しさを感じながら。


それで帰りは、道の右を歩くのか左を歩くのかは、乗りたい電車によって変わるのです。

新幹線は駅に向かう左側、在来線は駅に向かう右側。
途中からはもう混じれないようでした。

私達はほんの10分早く出ただけでも、早めに列に並べたんですが、ホームは暑く、さり気なく割りこむ人あり、思い切り割りこむ人あり、

混乱が大きかったです。

ほんとにここで最悪な気分になりましたもん。

割り込まれても、座れたので良かったですが、越後湯沢駅行きって増やされても少なっ!って、やっとわかりました。

だって21時台がほぼないんです。

なので40〜50分くらい、ホームで待ちました。

この琴の辛さは、考慮に入れてなかったヽ(;▽;)ノ


ホームでようやく気付いたけど、

新潟行きは空いてる……!!

新潟行きは増発も多い……!!

だから全部電車にする場合は、電車で長岡に来て、帰りに新潟に行ってチェックインするとか、

そんなルートなら案外スマートかもしれないと思いました。


長岡から新潟ってまぁまぁ距離があるので、もちろんできる時とできない時があると思いますが、時間があるなら翌日新潟を観光しても良いですし。

(弁慶という回転寿司屋さん、おすすめです!)

新潟⇔長岡と、越後湯沢⇔長岡は、同じくらいの時間ですので、もちろん都内方面に帰ろうと思ったら、少し遠くなるけれど、

それこそ新幹線なら、そんなに苦になるほどの時間ではないと思うので、

今度行くことがあれば、私は新潟に宿を取り、翌日の昼にお寿司を食べて帰ってきたいな……と思いました。


そうそう、当日も残ったマス席などを結構な数売ってたので、事前に取れなくても諦めずに!

もちろん無料席もありますが、有料席の落ち着きと、心の余裕は、すごーく助かりました。

もう花火はお金出して見る時代なんだと勝手に思ってます。


疲れた体に温泉は染みました。。


そんなわけで、2015年の長岡花火レポートでした。