猫好きダイアリー~itmmhy’s diary~

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

パンチャカルマにまつわるホテルのことなど。

予告通りに今日はパンチャカルマにまつわることなどを書こうと思います。

まずホテルについて。

私は普段から長距離通勤をしているため、クリニックにも普段は平気で行くのですが、

パンチャカルマ中はとにかく代謝が落ちて大変だし通うのはオススメしないと言われていたのでホテルを取りました。

クリニックでホテルのプリントをいただいた中で、ミニキッチンが付いているという「東急ステイ青山プレミア」さんにお世話になりました。

外苑前駅から近いし、なんならクリニックから歩いても行けるくらいの距離(東京メトロでひと駅分)で、近くに成城石井もピーコックもマツキヨもあり便利な場所でした。

でもね、、

ミニキッチンの設備を電話で問い合わせた時の対応とか、
その前に公式サイトから問い合わせた時のおかしさとか(謎のアドレスで返信はもちろんなし)、

若干不安があり……

実際に行ってみて、やっぱり電話で聞いた話と違ってて、

しかも、初日の夜にバスタブにお湯をためて入ったら、排水溝がうまく流れずオーバーフローを起こして、

めちゃくちゃ不快な思いをしました。

いろんなホテルに泊まってきたけど、初めてのことですよこれは……(´Д`)ハァ…

私は水回りは若干潔癖なところがありまして、尚更辛かったです。

部屋を交換することもできると言われたのですが、その部屋もまた同じかもだし、翌日治してもらいました。

思い出すとまだゾワーッとしてしまう、痛い記憶です(>_<)

一応パンチャカルマ中はイライラしない怒らないと言うのも心がけることの一つで、なるべく平静を保たなければ……と頑張りました。


プレミアなどと付いてるし、宿泊費も普通のビジネスホテルより高いけど、

見た目はスタイリッシュ?と思っても、なんと言うか、機能性が伴ってなくていろいろ残念でした。


単に泊まるだけなら、リピートは絶対しません。

でもパンチャカルマ中、外には食べられるものがほとんど売ってないので、やはりミニキッチンは良かったです!

このミニキッチンもいろいろ機能は微妙だったけど、そもそもこんなに料理を毎日する人はいないと思うので(笑)

インスタントラーメンなどを小腹が空く時に作る……くらいのものです。たぶん。

私はそこに自分でザルや小さなボウルを持ち込んでました。

あと調味料は一切付いてないので、持ち込む必要ありです。

私は塩と醤油とめんつゆ、昆布だしなどを持って行き、野菜も予め家でカットしてジップロックに入れ、それをちびちび使ってました。

ここまで来ると、ウィークリーマンションの方が良かったかな?とも。。。

でもホテルは清掃などもしてもらえるので、身体がしんどい時には助かりました。


あ、このホテルは洗濯乾燥機も付いていて、2度ほど洗濯もしました。

家事は暇つぶしにももってこいですねー。


クリニックの方とも話したのですが、皆さんとにかく食事に困られるそうで、、、

立ち食い蕎麦屋に毎日行くとかになっちゃうので、そういう面ではオススメです。

お粥も置いてあるお店ありますが、たいてい美味しくなっちゃってるので、こういう時に食べられないのですよ。。

商売なので、当たり前なんですが。

そんなキッチンで作ってた、料理と呼べる程でもないものたち↓

f:id:machikomind:20151231093227j:plain

f:id:machikomind:20151231093235j:plain

どんぶりしかなかったので全部どんぶりで!


自宅に帰ってちゃんとおわんによそった時、これらの食事はヤケクソな食事だったなと思いましたが、出来たてを食べられることに満足してました。


あと、私は勝手な判断で、お粥に海苔のつくだ煮のせたりとかしてました。

この辺は自己判断で、やはり言われたことを守りきれたほうが、効果は高いのかもしれないけれど、途中で嫌にならないように若干甘くしたり。

お鍋が何個かあって、スープも作れたら違ったと思いますが、お粥を作るともうそれしか作れないので、

そんな時に塩だけで食べるのが無理でした。。笑


思えば食事療法を始めた時は、菜飯とお味噌汁とカボチャとか、たくさん食べてましたね。

それが下剤療法で流動食になり、その後パンチャカルマ中も「主食はお粥」とのことで、どんどん食べれなくなっていくのでした。


今が回復食のステップ2。

明日からはずーっとNGだった食材(ごぼう、れんこん、ねぎ等等)も少量食べられるようになります。

今私はクロワッサンが食べたいです。

しかも中がもっちりとしたクロワッサンが!


実際にはパンはオージャスにならないそうで、、今後のパンとの付き合い方は考えなきゃなと思います。

でも今はモスバーガーとかピザとか、そう言うのが食べたいのでした。。


よく「長寿の秘訣はお肉」だと言って、お肉を召し上がられる方もいます。

たぶんそうした方はピッタというのが優勢で、消化力が高い方なのではないかなと思います。

私の体質はカパ・ヴァータで、このカパを増やし過ぎないことが大事。

カパはもちもちしたものや、重いもの(それがれんこんとか、肉とか)は食べ過ぎてはいけないのです。

私はあまり牛肉などは欲しないけど、大好きなチーズも本来はダメで、

でも結構無視して食べていたから、そう言うのも今後は付き合い方を見なおさないとなーと思いました。

クリニックに行き始めて1年半以上経ちまして、食事のことは初診の時からいろいろ指導があったけど、実際にはほんとにできるところしかやってなくて。

でも今回本格的な食事療法をしたことで、型がわかったので、応用していきやすくなる気がします。


食べることは生きること。

食べたものが私になる。

身体はそれらの結果。
(食べたものだけじゃないけどね)

そんなことをよく思ってました。


私はそもそも長生きをしたいとか思ってなくて、長い目で人生を生きていこうという気概もなくて、

でもそれも少し変わってきたのかな……。


あ!他の方も書いているのですが、パンチャカルマ中に食べたカボチャはほんとうに美味しかったです!

油なしでただ焼いただけとか、ただ蒸しただけとか、そこに塩をパラリ。

あれは最高に美味しい食べ物でした。笑


あと大根、カブ、人参、白菜などをお味噌汁にしたり、うどんや蕎麦に入れたり、

パンチャカルマに適した季節は、他にあるかも知れませんが、

冬の食材はとても助かりました。


夏だったらどうしても冷たいもの飲みたくなりますが、冬だから必然的にあったまりたくなりますしね♪