読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

ピンチはチャンスってホントだよ。

ビックリです。

ほんとビックリです。

私この1つ前の記事で、すごく怒ってたんですけど。


でもなんっか、その時言われたことが、頭から離れなくて。

と言うのも普段自分が心がけてることの真逆を言われたのですよね。

とてもそうは見えない、と。


しかし。

真逆だから尚更気になるわけです。

じゃあもしかして、私は心からそう思っているのに、自分の振る舞いのためにそれが伝わっていないとしたら……!?!?

というふうに思えてきて、いろいろ思い出したり、他の○○さんだったらもっと素直に受け止めてたのかも。

私には素直さが足りないのかも、、、なんていろんなことを考えて、なんならあんなに怒っていたのに反省モードになったりして。


でも普段からこころがけていること、

①人のせいにしないこと
(誰かとの間に起きたことはお互いに責任がある)

②不本意なことがあったとしても、そのことを誰かに聞いてもらってゴミ箱にしないこと
(人との問題は張本人と解決してこそ、と思っている)

③起きた出来事自体ではなくて、そこから一体何を学べるのかを考えること


その指針に基づいて、今回も行動していたら!!!

完全に行き止まりになったわ……

と、思っていたその先に、扉が開いたんです。


詳しいことを書けないのが残念です。

一夜にして自己否定の谷底と、でもやっぱりこれでいいんだ!という自己肯定と、そこを行き来しました。


それでやはり改めて、人から言われたことを、もっともっと真摯に受け止めたら、ただそれだけで変わるものがあるような気がしたし、

もしかして人生を変えるのは、そういう、ほんの些細な振る舞いなのかなとも思って。

この出来事から、こんなことになるなんて、、、という状況が訪れました。


それがね、私が大事にしていることを、大事にし続けた結果なのかなーと思えた時に、

あぁやっぱりこうやって生きてきてよかったんだ!

そう思えました。


そして気付かされたこと。

私はNLPを学んでから、相手の価値観を大切にするということをしてきたつもりだったけど、

単なるテクニックに終わってなかったか?と、自分に疑いの目を向けました。

事実、人と話しているときに、私はその人が話している内容以上に、何がその人にそう言わせているのか?という、価値観を考えながら聞きます。

相手が大切にしてるのが、ルールのこともあれば、時間のこともあれば、周りからの評価のこともあれば、しかもそれは背景によって変わったりします。

それを把握して、つまりそれを大事にして生きてきたけれど、

いや、、生きてきたつもりだったけど、

どこかで、

それが「相手の攻略法」みたいなことになって、実は全然寄り添えてなかったのかもしれない、と思えてきました。


もちろんゼロではないんです。

大切にしてる部分というのは絶対あるし、それを把握するとこで、トラブルを回避出来てるケースもたくさんあると思います。

でも素直に、相手に寄り添い、相手を理解することとは、もしかしたら違う場所に来てしまってるかもなぁと、すごく考えました。


そして人との間に諍いがあったり、トラブルがあったら、私は身を引いてしまう習慣がついてしまってるけど、

でも本当はモメても、言い合いしたりしても、それでも続いていく関係性というものを、私は本来は築いていきたいのかもなぁとも。


起きた出来事は、たった数分なのに、なぜだろう??私にはとてもとても大きな出来事になりました。

ビックリです。


それから、そんな中、広島に行ってきました。

f:id:machikomind:20160212214553j:plain

お天気が良くて最高でした!

詳しくは、また。