読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

「〜にも関わらず」がいっぱい!

英語・TOEIC

そういえば英語のこと全然書いてないなぁって思いまして。

私が思う英語の不思議の話。


「〜にも関わらず」にはこんなに表現方法がありまする。


despite

in spite of

notwhithstanding

これらは前置詞としての「〜にも関わらず」なので、後ろは名詞が来ます。

名詞っていうのは物の名前などのことです。


そしてさらに!!

Although

なども「〜にも関わらず」なんですが、こっちは接続詞!!

日本語だと「そして」「つまり」などのことですね。

こちらは後ろに文章が来ます。


でもさ、一個でよくない!?!?(´-ω-`)

って思うよね。


日本語だと「〜にも関わらず」はどこに来たって「〜にも関わらず」じゃないですか。

でも英語ってひとつの表現をいろんな表現で言ったり、ひとつの単語が3つも4つも意味があったり、その曖昧さが難しいなぁと思いますね。


日本語も、ご飯とか白飯とか白米とか言うからそういうことに近いと言えば近い……??

おにぎりとおむすびとにぎり飯では、伝えたいニュアンスが違いますもんね〜。


でも実際のその、ネイティブのニュアンス読み取れたら面白いんだろうけど、そんなレベルに到達できる日が来るのかどうか……ヾ(*`Д´*)ノ

確かにnotwithstandingってなんかかっこいい気もする!

けれど果たして実際どうなんだか。。


毎日こんなことに四苦八苦してます〜(´っω・`。)

気付けば3/13の試験までもうカウントダウン来てる〜。

こわいわぁ〜😨