itmmhy’s diary

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

「あなたは変わった。でももっと変われる。」

久しぶりにアーユルヴェーダクリニックの診察を受けてきました。

本来はパンチャカルマを受けて1ヶ月後程度に受けるらしいのですが、主治医の人気がすごすぎて?

今では2ヶ月待ちなのです。

前はキャンセル待ちも結構出たんですけどねー。

みんな取れないから、優先順位が上がって、もうキャンセルも出ないんだと思う。。

(先生のマーケティングが、成功しすぎているのだと思う!笑)


私が「こんにちは」と言うと先生はフフフと笑って「どうですか?」と聞かれたので、

ここ最近のことを話しました。

スパルタな教室に通って英語を勉強していることや、

仕事で話が伝わらなくて頭痛がひどかったことなど(笑)


先生には「あなたは耳が良くて、人の話を正確に聞き取り、そのまま実行しようとするけれど、大半の人は聞いてても都合の良いように解釈したり、そもそも聞いてなかったり、そんな人の方が多いんです」と言われました。

だから患者さんの中でも私のようなタイプの方が、ちゃんとそのままやろうとするから楽なのだそう。


けれど言葉をきちんと扱おうとするから、語学は合ってるよ、とのこと。

でも反面、私はファンタジックなお話を作ったり、そういうのは向いてなくて、もし翻訳をするとかあっても、ストーリーモノは向いてないよと言われました。

昔々、私、小説書いてたことあるんですよね(^_^;)

いやほんと、実力のなさを感じて書かなくなったけど、あの選択は間違っていなかったみたい。。。


で、そういった、話を聞いていないタイプの人が、創造性を活かしてお話を作れたりするらしいです。


ほんといろんな場面で「なんでそう都合よく解釈するの!?」って思うことあるんですよ……?

それってそういうことだったんですねぇ……?

会社で働いていても、上司の指示を「え!?そんなこと言ってなくない!?」って思う解釈してたり、途中でコッソリやらなくなるのって、何で!?って思うことが良くあったんです。。


私は言われたことはそのまま、何を望まれてるかの方を優先するので、、部下の才能はあるかもです。笑


それから常日頃から「ちゃんと生活してオージャスを増やしなさい」って先生に言われていますが、

一方で1日に数時間しか寝てなくて、でも元気で、地位もお金も手に入れて、めちゃくちゃエネルギッシュに生きてる人もいて、

先生に「なぜ!?」「うらやましい!!」って問いかけました。

先生は「まあそういう人もいるかもしれない。だけどあなたはとにかくちゃんと寝なさい。早起きして勉強するのはいいけど、夜はもっと早く寝なさい」と言われました。

私、その人に、長く起きていて得しかない!!って言われて羨ましくて(´っω・`。)

英語の先生にも7時間とか寝過ぎ!って言ってたしなーって、、

でも実際身体がついていかないし、これはもう私の体質なのかなと思って諦めることにしました。


先生曰く、本当の得というのは、

「長く生きてたくさん瞑想ができることが本当の得」

なのだそう。


そうなん!?!?(゜д゜)

これにはさすがにビックリ。


いま、私が英語のために「瞑想するならリスニングの勉強をする!」って言ったら、

「いやいや、それはいかん」

「勉強の前と後に瞑想しなさい。そうしたら定着するから。学ぶ時間が少なくなっても、瞑想した方がいい」

「あなたは記憶力があまり良くない(!)から、反復は大事かもしれない。けれど瞑想は必ずしなさい」

そして、記憶力に効くという薬草を出してもらいました……そんなのがあるって、アーユルヴェーダすごすぎ(笑)


でも、私、記憶力良くないんだ!!ってショック受けて、

思わず「昔、成績良かったんですよ?」って言ったら、

「バカだとは言ってない」

って言われて、個人的にここが面白かったです( ̄▽ ̄)


後は今後の仕事のこととか、相談してみて、、あんまりズレてないみたいだから良かったです。

経理は向いてないけど、何が儲かるかとか、経済的な活動は大丈夫らしい。

何せだいたい派だし、キッチリするのは苦手。

だから日々新しくなるようなこと、、というか自分自身が毎瞬新しくなってしまうような、そんなところがあるらしい。

まあ確かに、そーゆー業界に居続けて、それが苦にならないんです。


それからパンチャカルマしてる時、ほんとに辛かったけど、でもこれをやりぬくんだ!って思っているとき、私はいい状態だなーってほんとに思えて。

前々から先生に「あなたはとにかくどこかへ向かってなさい」って言われたんだけど、

それを実感したんです。

コマは高速の方が安定する、ってこと。

そのことを言ったら「良いことに気づけたね」って言ってもらえました。


ついつい、これでいいのかな!?これで大丈夫かな!?ほんとにこれが私のやりたいことかな!?って、確認したくなっちゃうけど、

そんな疑心暗鬼のままでもいいから、とにかく進みなさいということでした。

そしてハッキリとこれじゃない!ってわかったら、その時変えればいいからと。


診察を受け始めたとき、先生に「まだまだあなたの年齢なんて仮免のようなもの」って言われて、それは私を楽にさせてくれる言葉でした。

思い込みかもしれないけど、早く道を決めて、早くプロフェッショナルにならなければ、この世の中で生きていけない、取り残される。

そんな思いがずーーーっとあって、それは今もあって、、、だけどとても苦しいんです。

早くしなければいけない、早く決めなければいけない、そう思っているから。

もっと言うと自分の職歴をこれ以上穢してはいけない!なんてことも、思ったり。

そんな私を楽にさせてくれる思想がアーユルヴェーダにあるんですよね。

だって100年とか生きてる人の話を聞くと、もうほんとに人生が全然変わってて、そうだよね!?っていうか。

日本だって戦後70年ですもの。

その間にいったいどんなことがあったかって考えたら、世界が変わってしまってますよね。

だから、常々一貫しなければ!と思うものの、私はそういう、いろんなことをフワフワ目指しながら、生きていきたいのかもしれない。


後は食事のヒアリングなどして、パンチャカルマのアンケートを渡して、終了。

先生は、私のアンケートを読んで「素晴らしい」と言って、そして「最終日にもっと何回も受けなければならないことがわかってガックリした」というところを読んで笑っていた( ̄▽ ̄)


「でも、だいぶスッキリしたんじゃない?痩せたでしょ?」

「はい。パンチャカルマで痩せたのが、維持できてます」


とにかくスッキリしてきてるね、

去年は重かったもの、

あなたは本来はあっけらかんとした性格のはずなんだよ、と。

あっけらかん!?

私が!?

って、思いましたが。。。


「猫が死んだら私も死んでいいんだ、ってまだ思ってる?」

「うーーーん、そんなに強くは思ってないかも」

「とりあえず生きてみるかと?」

「はい。」

「いいね。いいじゃん」

「ありがとうございます」

「あなたは変わったよ。だけど、まだ変われる」

「私、変わりましたか?」

「うん。また秋か来年の春にでも、パンチャカルマ受けにおいでよ」

「はい。考えます」


実際のところ、アーユルヴェーダすべてを、私は全肯定してるわけじゃなくて、疑問なこともあるし、

そもそも一部の、王様のためのものじゃん?って、パンチャカルマについては思うけど、

このクリニックに来たとき、ほんとに私は苦しくて、

何もしたくないしどこに行きたいかもわからなかった。

だけどどうにかしたくって、体質チェックを受けたのがすべての始まり。


振り返ってみたら、確かに少しずつだけど変わったんだなって、そう思えて。

私にとっては「面白い」っていうことが、もうほんとに判断基準の最上位に来るくらい、大切で、

なぜか先生との会話が面白くて面白くて、

今回もずっと笑ってた。


だから私はここに来続けていられるし、

その時々で、

ちょっと助けてもらって、

ちょっと背中を押してもらって、

それでいいんだなって思えたし、

それが再確認できたこの30分は、素晴らしい時間でした。


やっぱり、面白いって素晴らしい。

日々を面白がって生きていきたい。

困難やピンチさえも。


f:id:machikomind:20160306195738j:plain


って、いつも不思議だったけど、私のこれ↑

この一つも漏らさず正確に記録しておきたい!ってところが、

まさに指摘されてた私だって今気が付いたー!( º∀º )