読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

「わかってくれたら、わかってあげる」

日々のつれづれ

おはようございます。

今日は7時間睡眠で、猫にも起こされず、ちょっと回復しました。

猫は毎日5時前後に朝ごはんをねだりにくるのですが、日によって私と母を選び分けているんです。

どういう基準なのかな?

でも寝かせてくれてありがとう!笑



今日のタイトルのこれ。

「わかってくれたら、わかってあげる」

これね。

私たちは、ものすごくこれを色んなところでやり続けている気がする。

恋人同士で、家族の間で、上司と部下で、

みーーーんな自分のことをわかって欲しくて、

なんでわかってくれないのー!

なんでわかってくれないのー!

を言い合っている。


相手が先に自分のことをわかってくれたら、わかってあげてもいいわよ、話を聞いてあげてもいいわよ、的な。

でもまずはあなたが先にわかってくれてからよ!

ってな具合に、たぶんお互いにちょっと上からなんです。


昨日書いたことに少し続くかもしれないんだけど、

「なんでわかってくれないの!?」

をやめられたことが(もちろん全てやめられたわけではない)、私が楽になった理由かもしれないなあ、と

昨日も職場で「わかってよ合戦」が何度か行われているのを外から見ていて、思いました。


「なんであんなこと言うの!」

「なんであんなひどいこと言うの!」

「そんなことしてないもん!言ってないもん!」

「あっ、またこの人、そのこと言ってる!そんなこと言ってないのに!」

「はぁ?前と言ってること違うじゃん!気分で言うなよ!」

「俺は悪くないし!」

「私は悪くないし!」

「悪くない!悪くない!」


って、お腹の中で思ってるよねーーー。

見えてくること。

でもこれって、本当に言いたかった本音の部分を言わないから、そうなっちゃうんですよねぇ。


キッカケはちょっとしたことなんですけど、

こういうことが溜まってくると、

徐々に相手を嫌いになっていく。。


なんかほんとにね、そんなにこじれることかなー?ってことまで、

謎に問題化していく様が見事です。

それが、きちんと意見を主張し合わないことで起きていると感じる。

なんで言わないんだろうーって。


で、それぞれの愚痴を聞く私がいたり(笑)



え?あれ?

っていうか、、、

あぁ、この現実って、、、


私が実家で見ていた現実そのままだわぁ!

祖父と父母。

話し合わないで、いがみあっている。

そしてその頃から、両方の愚痴を聞いている私!

だからこんなに気になるのかー!

 
ビックリビックリ。

わかってよ合戦もたしかに職場では問題だけど、

このことを書いている私自身の問題は、

これが気になってしょうがないという、

私の問題!!(グゲギャーン!)


今これに気付いたってことは、このことが目の前で起こっても、もう気にならない私になれる可能性があるってことだ。

そしてそのためにこの現実が起こってくれてるのかもしれない。


なんだ、私の課題だった!笑