猫好きダイアリー~itmmhy’s diary~

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

美しい現実の中。

その人と一緒に働いていた時、朝令暮改で仕事の方向が変わるのが嫌だった

 

その人と一緒に働いていた時、その人がしょっちゅう仕事中にネットサーフィンをし、フラフラと出かけて長時間不在にし、ずるい!と思って嫌だった

 

その人と一緒に働いていた時、様々な制約やプレッシャーをかけられて、また人によって態度が違って嫌だった

 

その人と一緒に働いていた時、独断でいろいろなことを決めてしまうのが嫌だった

 

そして今

 

その人と一緒に働いている時、申し訳なさや感謝が何も伝わってこず、嫌だ

 

その人と働いている時、ケアレスミスがちょくちょく起こり、迷惑がかかるのが嫌だ

 

今のこの現実↑

 

また私には嫌なことがあるわけ(笑)

 

で、この現実を前にすると、

 

その過去の嫌だった事すら、懐かしく美しく、楽しかった思い出のような気になるのです。

 

失くして気付く。

それが大切だったと。

その中で私は居心地良くいさせてもらったんだと。

 

だけど、今、今、今、と、現実を生きる私は、

この瞬間瞬間も美しい時の中にいることに気付けないのだ。

 

本当はいつでも美しい時の中にいる。

 

2度と取り戻せない瞬間の連続が、いつまでもいつまでも永遠に起こるような気がするから、

こんなにもいつも「嫌だ」と思うことの連続を生きているわけ。

 

それはある種、信頼かもしれない。

この時をそうそう簡単には失わないのだという。

実はそう思っているのかもしれない。

 

だってそれが明日も明後日も続くような気がしてるから、そんなことばかり考えているのだと思う。

 

とても懐かしく美しい時間。

 

あの頃は良かったんだなと今初めて思うこと。

 

だけどまた、その状況がそっくりここに現れて、またその現実を黙々と生きるようになったら、私は不満を思わずにはいられないのだと思う。

 

そういう、

そういう奴なんだよ、私は。

 

いや私だけじゃないんだろう。

人間はそういうふうに出来上がっているところがあるんだろう。

だから今のこの進化があるように。

 

だからいつだって何かしらの不満があることは、もう仕方のないことなのでしょう。

 

…ね?(((^-^)))