読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

つながっている。

もう3年近く前になるけれど、うちのうさぎが亡くなった時に、私がうさぎの魂から語りかけられたことを今でも信じている。

うちのうさぎは多分てんかんだった。

しかし病院もいくつか行ったけど、原因がわからないままで、

ほとほと悪化した頃にやっとヒントをつかんで、

でもそうこうするうちに病状が進行して、

真夏のある日、

うさぎ専門病院に行ったまさにその日の夜、

今でも思い出すと胸が苦しくなるほどの、

激しい発作が起きて、

うさぎはこの世を去った。


私は彼の目から光が消えるその瞬間を、

この目でハッキリと見た。


こんなにもわかるものなんだと、

ビックリしたのです。


めそめそ泣き続ける私に、

うさぎの魂が語りかけてきて、

「そんなに泣かないで。大丈夫。僕たちはもともとはひとつなんだよ」

「僕はのびのびと生きたかった。それができたから幸せだったよ」

「用意したご飯を食べないと悪いなんて思ったことないよ。もし僕が食べなかったとしても怒らないでしょう?」

などなどを、

私は、

うさぎの魂とおしゃべりしたんです。


思い込みだろう?と言われるかもだけど、

今はもう話せないので、

あれは確かにうさぎの魂と話をしたんだと、

今でも信じているんです。


ちなみにうちの猫を捕獲するときも、

まだうさぎの魂と話せるときで、

私はよく相談に乗ってもらっていました(笑)


いつの時の事かな。

誰かが亡くなったとか、

何かを喪失したとか、

そんなシーンなのに、

私はそこで失われたものも確かにこの世の中には存在していて、

見えなくなったからといってなくなったわけではなく、

この世の一部だなあということを感じたことがあって。


感じだからといって悲しみが相殺されるわけはなく、

うさぎのことを思ったら今でも泣いてしまう私だけれど、

ただ彼の言ったことも、

そうなのかもしれない、と

(たとえ妄想でも)

思っている私がいる。


この世はどんどん高度な社会になって、

いつでも人とつながれて、

ほとんどの人がスマホを持ってるような世界になって、

だけとその素材も全て何もかもが、

ひとつ残らずこの地球にあるものから出来ているんだと思うとき、

この地球のすごさというか、

奥深さに、

とてつもない脅威を思います。


ほんとうは何もかもが全部あって、

ちゃんと必要なものが用意されていて、

鳥が働かなくてもこの世界にご飯があって、

地球は

「働かないもの食うべからず」

などと、野暮なことは言わない。


それを言っているのは人間で、

奪い合っているのも人間で、

でもその奪い合っている相手と私は、

ほんとうはひとつで、

ほんとうはつながっているんだ。