読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itmmhy’s diary

It makes me happy! 私を幸せにする言葉。

女子高校生みたいに。

日々のつれづれ

今朝、猫は怒っていた。

明らかに「何でよ!何してるのよ!」って言われた。

間違いない。

 

そんな朝は今日のお昼は外食なのでお弁当はおやすみ。

少しだけゆっくり起きられる日。

と言っても20分くらいだけれど。

 

今朝はとても眠くて眠くて、やっと起きると猫は怒っていて、撫でようとすると腕に噛み付いてくる。

 

でもそれすらも愛おしい。

何やっても可愛い。

私にとっての奇跡の生き物。

 

 

少し前に久しぶりに仕事で泣くことがあった。

 

「これだから女は」と言われたくなくて、我慢して、もう何年泣いてなかったかな。

でも気付けば、もうそんなことはどうでも良くなっていた。

久しぶりにわんわん泣いた。

ギャーギャーと言ったほうが良いかもしれない。 

 

その悲しみと怒りのあまり、普段は絶対にしないドタキャンのようなこともした。

 

自然、会社に行くのが気が進まない。

 

けれど「あれが嫌だ」とか、目の前に起きていないのに、気が進まないことを思い浮かべているときこそ、もったいな生き方をしていると思う。

 

私にはそれが多過ぎる。

 

こんなときこそ日々の暮らしに集中して、きちんと生活をすることで自分を整えようと思った。

 

つらい時こそ、日々のルーチン業務や、猫のお世話や、掃除などのことに集中することで、私らしさを取り戻せるはず。

そうやっていつもの私を思い出していく。

 

ずっとは無理でも。

またその現実が起きたら、泣いてしまうことがあっても。

 

昨日はドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」だったから、私は会社に行って同僚と、このドラマの話をする数分を楽しみに出社する。

 

話題についていけるように頑張って当日見ている。

これまた懐かしい感覚。

 

「昨日見た!?」

 

それがまるで女子高校生の時みたい。

 

残り一回。

ドラマが終わることも寂しいけれど、その時間がなくなってしまうことが寂しい。

 

でもその寂しさを思い浮かべるよりも、今はまだこの話をする喜びと楽しみを思い描く。

 

そういうことだ。