itmmhy’s diary

It makes you and me happy! あなたと私を幸せにする言葉。

祈り。

私から見るとその人は、

ものすごく清楚な雰囲気で、

大きな瞳に、

誰しもが「美人」と思うような佇まいで、

上品に見えた。

 

素敵な肩書と、

華やかな仕事をして、

姉妹仲良く、

誠実で幸せで性格も良い。

 

大きなダイヤのついた指輪をつけて、

微笑む彼女はキラキラまぶしく、

旦那さんは有名人で、

すぐにかわいい子供にも恵まれ、

私にないものをすべて持っている人のように見えた。

 

まさに「完全無欠」という言葉が似合うような、

女性が羨むようなものを、

それのほとんどすべてを持っているような、

でもそれもそうだろうなと納得してしまうようなそんな人だった。

 

そんな人に「見えた」。

 

亡くなってからも、

彼女がありとあらゆる人に愛されていることが、

伝わってくる。

 

私もずっとブログを読んでいたから、

ここ最近のブログに写る彼女を見て、

その時が近いことを、

どこかで感じていたけど、

でもその時が来たら、

想像していたよりもショックを受けていて、

それが何故なんだろうと思った。

 

若いから?

あんなに素敵な人なのに?

自分と年齢が近いから?

 

どれも違うような気がして、

よくわからない。

 

私は彼女が生きてきた中で得たものの、

ほとんどを持つことはないまま、

人生を終えるかもしれないけれど、

いままだ「人生をやり直そう」と思えるほどには健康であり、

それが許されているこの時間が、

とても有り難いものだなと思えて、

そしてそれこそが、

彼女が欲しかったものかもしれない、

と思えた。

 

人が生まれるからには、

絶対に死ぬし、

人の致死率は100%。

 

若くして死ぬという意味では、

私のいとこは、

白血病で十代で亡くなりました。

 

だからそういうことは、

見えてないだけで、

知らないだけで、

たくさんのエピソードがあるのだと思う。

 

いろんな人がいて、

いろんなことがあって、

私にも「絶対に再発したくない」と思う病気もあったりして。

 

人が持っているもの、

持ってないもの、

欲しがったり要らないと思ったり、

時に羨んだりしながら、

私が価値がないと思っているものも、

他の人から見たら欲しいものかもしれないし、

私が欲しがっているものも、

その人は要らないと思っているものかもしれない。

 

当たり前に思う痛みのない身体や、

当たり前に思う自由に動かせる身体も、

失って初めてその有り難みに気付く。

 

だから私は今、自分の身体を全く過信してなくて、

すぐに何か起きるかもしれないと思ってしまうし、

だからアーユルヴェーダに倣って身体をケアしたりして、

少しでも健やかにいられるようにしているのだと思う。

その辛さを人生の早い段階に知ったことは、

幸いだったのかもしれない。

 

毎日「夢だったら良いのに」と思って目覚めたあの日々が、

今となっては私を支える価値観となるものだ。

 

それがあるからいつも物事に限りがあることに、

思いを馳せられる。

 

彼女のご冥福をお祈りするとともに、

大切な人を失うという体験をされたすべての方々の痛みを思って、

今日は祈りたいと思います。

 

 

 

 

 

今日からファンクラブツアー!

ゴールデンボンバーさんは、今日からファンクラブツアーですね\(^o^)/

 

私は今回は行かないで、DVD待ちするお留守番組です。

 

ホントは翔さんの誕生日である大阪公演が当たったら、行きたかったんですが、外れてしまいました。。

だって大阪ですしね、倍率すごそうだもんなー。

去年の松山と比較にはならないのでしょう(´;ω;`)

 

それにしても毎公演演劇が違うなんて、翔さん大変だったろうなあ……。

 

これらが全部収録されてはくれないだろうかと、淡い期待を抱いてます。

 

その代わり今夜は月刊ゴールデンボンバーのDVD見てました!

 

で、昼間は初めて川越の氷川神社というところに行ってきました。

 

風鈴がかわいかったのでパチリ。

 

f:id:machikomind:20170617223906j:image

 

ここの鳥居はすごく大きいことで有名なんだそう。

 

御朱印帳忘れたので、書いてもらいそびれました。。

 

珍しいおみくじがあって、鯛の形してて釣り竿で釣るんです(笑)人がたくさんひいてました。

絵馬も用途別に6〜7種類あったかな?

ビジネス上手なんだなーーと思って見てました。

 

いろんなお店が並んでいる通りがあって、ソフトクリームとかすごく食べたくなりましたが、

ぐっとこらえてセブンイレブンのレモン味の炭酸水91円で乗り切りましたw

 

でも美味しいお醤油さんがあったのでそこでポン酢を買って、あと豆やさん?豆菓子の美味しいお店があったのでそこでもちょっとお土産を。

 

満足!

 

今日はお天気も良くて、日にあたって疲れましたが、たくさん歩けて心地良い疲れです。

 

明日は無印良品週間が終わる前に、無印良品に駆け込んでアレとアレ(!?)を買います。

 

 

 

 

 

うちの家族システム

今朝、私の母親の兄弟の奥様が亡くなられた。

(つまり私からすると伯母さん)

 

もう数日前から昏睡状態で、医者からも「余命一週間」を宣告されていたのだそうです。

 

私は今とてもバタバタしている状況なのと、普段からあまり接点がないこと、母が足繁く病院にも通っていたことで、少し離れた場所から客観的に見ているような気持ちだった。

 

今朝、早朝6時頃、電話が鳴った。

危篤状態だということだった。

電話を切った母が、憤慨した様子で、

 

「○○さんを連れて来いと怒っている」

 

と言っていた。

○○さんというのは、母の夫、つまり私の父親のことなんだけど。

 

母は度々病院に行っていたけど、父は一度も行ってなかったらしく、そのことで怒っていたそうで。

 

私はすごく、心底ビックリした。

 

何にビックリしたかというと、そんなふうにして「他の人も大変な状況だって来たんだから、病院に来て当然」と言っているその人の価値観に。

 

笑い事でも何でもなくて、リアルに私は、もしかしたらいずれ私は誰にも看取られずに一人で死ぬ可能性があるよなと思っており、

またそのことを悲しいとか怒りとか思ったことなくて、

その人は既にたくさんの人がお見舞いに来ていて、母だって気を配っていただろうに、

そんなふうにして周りに「来て当然だろ!」と思っていること自体、私には青天の霹靂。

 

何よりそうした怒りを、日々心配していた母親にかけたその人のことが、たとえ身内への甘えだとしても、私は悔しく、悲しかった。

 

父はその時すでに朝6時だけど畑仕事に行ってしまっており、

テレビをつければ、榮倉奈々の出産のニュースで(笑)

そう、どんなに自分が辛い時だって、世界は回っているんです。

 

誰かが死にゆくその時、生まれる人がいる。

それはこの世界の自然の摂理だから。

 

私にはそもそも伴侶がいないので、わからないことはきっとたくさんある。

だけど、それでも、こんな時に、いろいろ助けようとしてくれた人に怒りをぶつけることを私は肯定できない。

 

そしてそれこそが、うちの家族が内包している、家族システムだと思った。

 

これが母親の家族だけでなく、父側もそう。

 

外面は よく、身内には感情をぶつける。

話を聞かない。

相手を対等に扱わない、家長絶対、長子絶対。

男尊女卑。

 

ていうかもう、昔から続いている日本の在りようがこれなの?

 

私がもう終わらせたいと思っている、少なくとも自分がそこに属すのはやめようと思っている、そのシステムの現れだと感じたのでした。

 

結局、母は迷った末に父を呼びに行き、そうこうしているうちに再び電話が鳴り、

息を引き取られたということだったのでした。

 

ものの30分くらいの出来事。

 

だけど、この日のこの驚きを、私は忘れることはないと思う。

 

私は、、、

誰か一人でも来てくれたなら、そのことを有りがたく思い感謝を述べたい。

だけどもし一人でも誰を恨むでもなくその時を待ちたい。

 

本当は動揺する母に、「大丈夫だよ。悲しくて不安で心細いから、怒っているだけだよ」と言ってあげたかった。

 

でもそれは、言えなかった。

 

泣かずに言える自信がなかったから。

 

 

もちろん、そのこととは別として、

亡くなられた伯母さまには、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

あらゆることから解放されて、いま、安らかでありますように。。

 

 

 

 

猫が可愛すぎて遅刻しても良いですか?

今朝、猫がね、明け方私のベッドに暖を取りに来て

 

「いてっ!」

 

って踏まれて一瞬目が覚めたのです。

 

わざとだね??

「私を載せる体勢になりなさい」って思ってわざと踏んだね??

 

眠気の中で必死に猫スペースをつくって身体を差し出しました。

 

目覚まし時計で目を覚ますと、これ!

 

f:id:machikomind:20170613204004j:image

 

な、なんなんだよ〜〜

 

かわいすぎるよ〜〜〜

 

猫が本気でベッタリと足の間に挟まっていて、

もう起きる気ゼロな感じだし、

このまま私も寝ておくか……

 

と思ったんですけど、オデコをなでなでしてたら甘えだして(毛布をモミモミするやーつ)、

そしたら満足したのか降りて行きました。

 

だから結局遅刻はせずにすみました。

 

でもあんまりにも可愛くて、むしろずっとそこで寝てて欲しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

アロマの知識で助かること。

数年前、アロマテラピーの勉強をする機会があって、その時にひと通りのエッセンシャルオイルのことを学び、

その時にアロマテラピー検定は一級を取りました。

 

エッセンシャルオイルって、分解すると化学の世界なんですね。

で、それぞれが、そうした化学成分の組み合わせで出来ています。

 

不思議な感じしますよね、完全に自然のものから抽出しているのに!

 

特定のエッセンシャルオイルには忌避作用というのがあって、それが虫を寄せ付けなくするものです。

 

「効果」とはけして言えないアロマの世界。

でも気のせいとは言い切れない作用を感じるのもアロマの世界。

 

夏は虫よけ商品がズラリと並ぶ時期。

でも「これで虫よけ!」って書いてある製品の成分を見た時に「あ〜これなら○○か○○のエッセンシャルオイル買ったほうがいいじゃん」って思います。

 

だってエッセンシャルオイルなら、使いみちがいろいろありますからね。

 

ただ使い方にはいくつか注意点もあるので、最初に基本の知識は学んでおくとトラブルが少ないと思います。

 

そんな私がおすなのは、この本です。

わかりやすいですよ!

 

 

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

 

 

 

ちなみに猫はエッセンシャルオイルの成分を分解できないと言われているので、

ご自宅に猫がいる方は気をつけてくださいね。

時々私が柑橘系のフルーツを食べているだけで、すごく嫌な顔をされますw

 

 

 

 

ドウデモイイコト。

例えば、満員電車から降りるときに

そして乗るときにも!

後ろから押してくる人とか、

 

(これは男女関係ない)

 

例えば、電車の座席に座ろうかなーと思っていると、

後ろから来た人が堂々と割り込んできて、

でも素知らぬ顔をしている時とか、

 

(まさに数分前のおじさん!)

 

例えば、後から座ってきた人が、

自分の肩幅分をぐいぐい広げてきたりとか、

 

(これはほとんどおじさん!)

 

なんかもう最近笑っちゃう。

どうでも良すぎてすごすぎて。

日本のおじさんって、ひとくくりにしてはいけないとは思うけど、

なんかすごいなーと思うことがよくあります。

 

ほんのちょっと前までは、

そういうことにいちいちムカついていたけど、

なんかもうどうでもいいじゃない?

 

そういうふうに周りの人を、

自分と対等に扱えない人たちのことなんて、

もうどうだっていいじゃない???

 

彼らにとっては私は、同じ扱いの人間ではない。

 

(そういう意味では、その筆頭はうちの父親

 

そんな相手のことは、私も真剣に取り合う必要はなくて、

むしろ彼らの策略にハマらないようにする必要があって、

だから本当にどうでもいいことだなあと、思えるようになってきました。

 

そういう振る舞いをしてもなんの罪悪感もなくて、

それが自分の自己認識と一致してるってすごい。

割り込む自分が自分で受け入れられてるその人がすごい。

 

(けれど全然うらやましくないよ。笑)

 

 

 

 

平和。

世界各国で繰り広げられている、テロの報道に、次はどこなんだろう…とついつい考えてしまいます。

 

いつの間にか「あぁ、またか」と、心のどこかで思ってしまう私もいて、自死を厭わない人の前に、私達はなすすべもないのかなと思ってしまいます。

 

例えば自分の人生を良いものにしたいとか、自分の家族の平和を守りたいとか、そんな風に思ったらこのようなことはとてもできません。

 

自分の命よりも大切なものが??

それとも自分の命など大切とは思えない価値観が??

いずれにしても私の想像のつかないような価値観の中で決断し着々と実行に移している人たちがこの世にいることを想像してもうまく想像つかないのです。

 

でもどこかで対岸の火事かのように、どこかでひと事かのように、思ってしまっている私がいることを否めないけれど、

いつか日本でも起こりかねないと思うと心の中が冷たくなります。

 

もしあのテロが起こったのが、アリアナ・グランデのコンサートではなくて、ゴールデンボンバーのライブ会場だったら。

 

もしあのテロが起こったのが、ロンドンではなくて、東京都千代田区だったら。

 

それでも今、いったい私に何ができるのかなあと思うと、何も浮かばないのです。

 

募金?

まあ、きっとそれは現実的な手段だけれど、そういうことではなくて、この状況を変えていくもっと根源的なこと。

 

私は知らないことが多すぎるんだと思います。

 

いつかの歴史の教科書になんて記されるんだろうな。

 

ほんものの平和って、どういうことなんだろう。